株式会社リアークスファインド

COMPANY企業情報

SDGs/CSR

豊かな未来を創造するために…SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS リアークスファインドは、企業理念である、“私達は人と不動産のかけ橋となり豊かな人生へ貢献します”を具現化するべく、事業活動によって生み出した価値を社会に広く還元していく社会貢献活動を大切にしております。
具体的にはSDGs(持続可能な開発目標)を指針とし、その達成に向けた取組を行っております。
SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された2030年を期限とする世界が達成すべき目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、持続可能な社会の実現を目指して国際社会での取り組みが求められています。リアークスファインドは、継続して社会への貢献を行います。

コミュニティの形成SDGsゴール11「住み続けられるまちづくりを」を軸に、社会課題となる居住用建物の管理をICTにより解決し、豊かな人生となるコミュニティの形成を目指します。

環境

11_住み続けられるまちづくりを、13_気候変動に具体的な対策を、14_海の豊かさを守ろう
  • 自然環境の保全活動
  • 低公害への取り組み
  • 社会貢献活動

社会

3_すべての人に健康等福祉を、8_働きがいも経済成長も、11_住み続けられるまちづくりを
  • 若手芸術家支援
  • 働き方改革
  • 地域経済への貢献
  • ダイバーシティ推進

統治

16_平和と公正をすべての人に
  • 法令遵守
  • Pマーク取得
  • 公正妥当な会計
~人と不動産のかけ橋に~ 11 住み続けられるまちづくりを
豊かな人生となるコミュニティ形成へ

建物管理事業

  • コミュニティづくり
  • まちづくり

コミュニティ事業

  • 自社開発アプリ
  • コミュニティ交流
15 陸の豊かさも守ろう

公益財団法人

屋久島環境文化財団への協賛

屋久杉の写真

公益財団法人

屋久島環境文化財団への協賛

1993年12月にわが国最初の世界自然遺産として登録された屋久島には、人類共有の財産として未来に引き継ぐべき豊かな自然が息づいています。
この優れた自然を守り共生する環境文化事業の推進と屋久島環境文化村センターおよび研修センターの管理運営を鹿児島県から委託された公益法人屋久島環境文化財団を、賛助企業として支援しています。

14 海の豊かさを守ろう

NPO法人

屋久島うみがめ館への寄付

NPO法人屋久島うみがめ館のロゴ画像

NPO法人

屋久島うみがめ館への寄付

屋久島うみがめ館ではウミガメの生態調査及び研究等を行うことにより、ウミガメを取り巻く諸問題を解決する糸口を模索しているNPO法人です。さらにウミガメが生息していく上で必要な環境を保全することによって、他の動植物ならびに我々人間社会に貢献することを目的として活動しています。
株式会社リアークスファインドでは、寄付活動を行い支援しております。

8 働きがいも経済成長も

アーティスト活動支援

ROOM+M

ROOM+Mのロゴ画像

アーティスト活動支援

ROOM+M

芸術家を目指す若き才能への活動支援を目的に東京芸術大学の学生と共同で、新オフィスの会議室とエントランスを舞台として、[Room]をテーマに4名の将来の活躍が期待される若手アーティストがオフィス空間をアート作品として作り上げました。
西新宿に位置する弊社オフィスの会議室とエントランスの空間との調和を考えながら、それぞれの表現の可能性を最大限に生かして制作した作品を展示することで、オフィス空間に彩りを加えております。独創的なアイディアや作品制作における試行錯誤の工程を学ぶことや、オフィスで日常的にアートに触れ合う機会を提供することで、社員のクリエイティビティを刺激し、より多面的な視野の習得や想像能力向上の効果が見込めると考えております。
本プロジェクトが我が社に関わる人々と生活を豊かにする創造的感性との架け橋となることと同時に、参加するアーティストが将来芸術家として活躍する飛躍の一歩としての実りに繋がることを期待しています。